運転再開へ向け、貨物列車の脱線現場付近を走る点検列車=31日午前11時9分、広島市安芸区上瀬野町(撮影・山田太一)
貨物列車が脱線した広島市安芸区の現場付近を走る点検列車=31日午前11時9分(撮影・山田太一)
貨物列車の脱線現場付近を走る点検列車。急坂のため、2台目の機関車(左端)が最後尾から後押しする(31日午前11時45分、撮影・山田太一)

 広島市安芸区上瀬野町のJR山陽線八本松―瀬野間で起きた貨物列車の脱線事故の影響で不通となっていた西条―安芸中野間で、JR西日本広島支社は31日午前10時ごろ、点検列車を走らせた。事故は28日夜に発生。運転を取りやめていた同区間は、31日午後に運転を再開する。

【関連記事】

帰省ラッシュ直撃、利用者に戸惑いも JR山陽線脱線

【空撮】山陽線の脱線現場

【地図・写真】山陽線の脱線現場

脱線車両撤去急ぐ 広島・瀬野、運輸安全委が調査【動画】

山陽線脱線の「コキ106形」貨車、同型が過去にも事故

JR山陽線脱線、車両の撤去完了 復旧作業へ