脱線した貨物列車。下が八本松方面=29日午前8時38分(撮影・安部慶彦)
停車している貨物列車の脱線したとみられる貨車(右側)=29日7時49分、広島市安芸区上瀬野町(撮影・広田恭祥)
脱線して停車中の貨物列車。奥が八本松方面=29日7時39分、広島市安芸区上瀬野町(撮影・広田恭祥)

 広島市安芸区上瀬野町のJR山陽線八本松―瀬野間で28日夜に発生した上り貨物列車の脱線事故を受け、国土交通省運輸安全委員会の担当者は29日午後、現地に入る。JR西日本広島支社は、同委員会による調査が終わり次第、貨物列車の移動と線路の復旧作業に着手する見通し。同社は29日の始発から、西条―安芸中野間で上下線の運転を終日取りやめている。30日の運行も見通しが立っていないという。⇨【続報】安全委の現地調査終わる

【空撮など写真集】山陽線の脱線現場(12月29日)

【地図・そのほかの写真】山陽線の脱線現場

 事故を受け、JR西日本は午前6時半ごろから西条―安芸中野間でバスによる代行輸送を実施。28日以前に切符を購入した人や定期券、回数券を持っている人に限り山陽新幹線三原―広島間で代替輸送もしている。山陽線三原―西条間、同安芸中野―岩国間は列車の本数を減らした。

【関連記事】

山陽線で貨物列車が脱線、瀬野―八本松間 一部区間で運転見合わせ【動画】

「要注意の高須踏切」高齢者や車の立ち往生相次ぐ 山陽線事故、JR西「対策検討」

シカが7割、列車と動物の衝突事故増加 鉄分補給で線路なめる習性

被爆電車 「証人」の3両、今も現役