緊急の記者会見を開き、大雪への警戒を呼び掛ける広島地方気象台の職員(左)たち

 中国地方は25日夕から27日ごろにかけ、山陰や山陽北部を中心に大雪となる恐れがある。強い冬型の気圧配置となるためで、ピークは26日の見込み。広島地方気象台は路面の凍結、積雪や倒木による交通の乱れに警戒するよう呼び掛けている。

 同気象台によると、西日本の上空に強い寒気が流れ込む見通し。特に山陰では26日、短時間に降雪が強まって警報級の大雪となる恐れがあるという。山陽南部の平地でも雪が積もる可能性がある。

 気象庁によると、いずれも多い所で、26日午後6時までの24時間降雪量は山陰の山地で50~70センチ▽山陽の山地で40~60センチ▽山陽と山陰の平地で20~40センチ▽山口県の山地で5~10センチと予想。その後の24時間降雪量は山陰の山地で30~50センチ▽山陽の山地と山陰の平地で20~40センチ▽山陽の平地と山口県の山地で10~20センチとみる。

 大雪のため、JR西日本は岡山支社と米子支社管内で運転を取りやめる可能性があるとしている。

 同気象台などは24日午後、緊急の記者会見を開催。不要不急の外出は控えるよう求め、外出する場合は冬用タイヤの装着やタイヤチェーンの携行を徹底するよう訴えた。

 同気象台は「今シーズン一番の降雪量になると予想される。先週末よりも一段強い寒気で、期間が長くなり雪の量は増える」としている。また、年末年始にかけて周期的に寒気が流れ込む予想となっており、最新の気象情報に注意するよう呼び掛けた。