警視庁の看板
 大学入学共通テスト問題流出のイメージ

 大学入学共通テストの試験中に世界史Bの出題内容を写した画像が外部流出したとみられる問題で、送信した疑いのある高校2年生を自称する人物が、国語の問題も解答するよう東大生側に依頼していたことが26日、関係者への取材で分かった。また、捜査関係者によると、偽計業務妨害容疑で捜査中の警視庁が同日、画像を受け取った東大生2人と家庭教師紹介サイト運営会社の代表から任意で事情を聞いた。

 関係者によると、東大生のうち1人の男性は、世界史Bの問題画像を受け取り、国語の試験前にネットアプリで「現代文をよろしくお願いします」とのメッセージがあったが、問題は送られなかったという。