親ロシア派勢力の支配地域近くで警備するウクライナ軍兵士=21日、ウクライナ東部ドネツク州(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国務省は23日、ロシアによる軍事行動の脅威が続いているとして、在ウクライナ米大使館職員の家族に国外退避を命じた。米政府雇用員の自主的な退避を認め、一般米国民には退避検討を促した。ロシアはウクライナ国境周辺に推定10万人の軍隊を展開。米欧は侵攻を警戒し、緊張が高まっている。

 米国務省高官は23日、「ロシアによる軍事行動はいつでも起こり得る」と強調した上で「引き続き、外交(解決)の道を追求している」とした。

 ブリンケン国務長官は23日のCNNテレビで、ウクライナ侵攻の場合には「迅速かつ厳しい対応」を取ると述べ、改めてロシアをけん制した。