衆院議長公邸で開かれた皇室の課題に関する全体会議=18日午後

 衆参両院は18日、各党派の代表者を衆院議長公邸に集め、皇室の課題に関する全体会議を開いた。女性・女系天皇の是非など安定的な皇位継承策の提起を先送りし、皇族数確保策を軸とした政府の検討結果を松野官房長官が説明。細田衆院議長は各党内での議論を要請した。議論の結果報告や取りまとめの期限は示さなかった。皇位継承策や皇族数確保策を巡る与野党協議が始まった。

 会議で茂木自民党幹事長は「皇位継承の問題を切り離し、皇族数の確保を図るのが喫緊の課題」と指摘。立憲民主党の野田元首相が意見集約スケジュールを示すよう求めたのに対し、細田氏は「いつまでとは申し上げない」と答えた。