極超音速ミサイルの発射実験=5日(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、国防科学院が5日に極超音速ミサイルの発射実験を行ったと報じた。新たな技術を導入した弾頭部分が700キロ先に設定された目標に命中し、実験は成功したとしている。極超音速ミサイルの発射実験は昨年9月に次いで2回目。速度や飛距離が大幅に向上した可能性があり、開発がさらに進めば日米韓には新たな脅威となる。

 同ミサイルは、完成すれば音速の5倍以上の速度で飛行し迎撃が困難な極超音速滑空弾頭を搭載した弾道ミサイル。韓国の聯合ニュースは、今回の実験で弾頭速度が音速の5倍を超えたと韓国軍が推定していると伝えた。