北朝鮮の国防科学院が行った長距離巡航ミサイルの発射実験=25日(朝鮮通信=共同)
 北朝鮮の国防科学院が行った地対地戦術誘導弾の発射実験=27日(朝鮮通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮メディアは28日、同国国防科学院が25日に長距離巡航ミサイル2発の発射実験を行い、1800キロ先の目標に命中したと伝えた。27日には「地対地戦術誘導弾(ミサイル)」2発の発射実験を行ったことも報道。いずれも成功だったとし、ミサイルが島に着弾する場面だとする写真を公開した。また金正恩朝鮮労働党総書記が軍需工場を現地指導したと報じた。日時や場所は伝えていない。

 岸信夫防衛相は28日の記者会見で、27日の発射は弾道ミサイル2発と推定されるとし、北京の大使館ルートで抗議したと明らかにした。

 北朝鮮のミサイル発射は今年に入り計6回。