【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比451・60ドル高の3万4749・33ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は228・61ポイント高の1万3767・91。

 ダウ平均の下落傾向が続いていたため、割安感が出た銘柄に買いが入った。前日に決算を発表したITのマイクロソフトが上昇し、相場を押し上げた。