2019年に未成年と知りながら大阪市の小学6年女児と茨城県の女子中学生を誘拐したとして、未成年者誘拐などの罪に問われた無職伊藤仁士被告(37)=栃木県小山市=の公判が26日、水戸地裁(中島経太裁判長)で開かれ、検察側は懲役24年を求刑した。弁護側は無罪を主張し結審した。判決は3月22日。

 検察側は論告で、被告が洗脳の本を購入したことから高い計画性を指摘。またSNSを利用した模倣性が高い事件で、同種の事件防止のためとして厳罰を求めた。

 弁護側は最終弁論で「生徒は自殺する危険があった」と述べ、自宅に連れて行ったのは緊急避難に当たるとし無罪を主張した。