静岡県熱海市で昨年7月に発生した大規模土石流で県警が26日、土砂崩落の起点となった土地とは別の地点での造成工事に関わったとされる神奈川県小田原市の土木会社も家宅捜索していたことが26日、関係者への取材で分かった。この地点での造成が土石流発生の一因になったとの見方もあることから、関連資料を広く押収して発生原因を多角的に検証する狙いがあるとみられる。

 土木会社は起点の現所有者に依頼され、この土地に太陽光パネルを設置。県警は設置工事の資料などを押収した。静岡県警は26日、起点の土地に残土を運んだとされる神奈川県二宮町の土木会社も捜索した。