ノルディックスキー距離の北京冬季五輪代表4人が25日、オンラインで取材に応じ、女子で5大会連続出場となる41歳の石田正子(JR北海道)は「しっかりスキーと自分の体がかみ合えば、いい成績は出せると思う」と意欲を語った。

 男子の宮沢大志(JR東日本スポーツ)は2大会ぶりに代表入り。個人種目は初参加となり「喜びとわくわくがすごくある。楽しみたい」と話した。

 男女そろってリレーに出場するのは20年ぶりだ。ともに女子で初出場の土屋正恵(弘果ク)は「8位入賞を狙いたい」と目標を掲げ、小林千佳(長野日野自動車)は「攻めたレースをしていきたい」と意気込んだ。