中小企業などのDXを支援する新会社の設立を発表したNTT東日本の矢野信二副社長=24日

 NTT東日本は24日、中小企業や地方自治体、大学が、デジタル技術で暮らしや産業を変革させるデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めることを支援する新会社を設立すると発表した。ITを活用して、事業変革に向けた戦略の策定からシステム構築、人材育成などを一貫してサポートし、地域活性化を後押しする考えだ。

 新会社の社名は「NTT DXパートナー」で、NTT東が全額出資して31日に設立する。2025年度に100億円以上の売上高を目指す。

 新会社は、ITを使った業務効率化にとどまらず、企業の事業環境や競合先の分析にまで踏み込み、新規事業の立ち上げを支援する。