ケルン戦の後半、今季初得点となる同点ゴールを決めチームメートから祝福されるボーフムの浅野(中央)=ボーフム(共同)
 ケルン戦の後半、攻め込むボーフムの浅野(右)=ボーフム(共同)

 【ボーフム(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで22日、ボーフムの浅野拓磨はホームのケルン戦で1―2の後半20分から出場し、同25分に今季初得点となる同点ゴールを決めた。試合は2―2で引き分けた。

 遠藤航と伊藤洋輝のシュツットガルトは敵地でフライブルクに0―2で敗れた。遠藤航はフル出場し、前半にオウンゴールのあった伊藤は後半41分に退いた。

 原口元気と遠藤渓太のウニオン・ベルリンは敵地でボルシアMGに2―1で競り勝ち、来季欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を得られる4位に浮上した。原口は後半43分から出場し、遠藤渓はベンチ外だった。