中国の上海浦東国際空港=2021年7月(AP=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米政権は21日、中国の航空会社の米国発中国行き44便の運航を停止すると発表した。中国の航空当局が新型コロナウイルス対策を理由に同数の米航空会社の中国便の運航差し止めを決めたことへの対抗措置。中国は北京五輪を控え感染拡大に神経をとがらせており、米中対立は空の便にも及び始めた。

 中国では乗客が中国到着後の新型コロナ検査で陽性になると、搭乗させた航空会社の旅客機の運航を制限する制度を導入しており、今年に入り米国便の欠航が続発。米側が運航継続を求めたが受け入れられず、不公平で懲罰的だとして報復に出た形。