【ワシントン共同】米政府高官は21日の電話記者会見で、新たに着任するラーム・エマニュエル駐日米大使が22日に日本へ向けて出発すると明らかにした。日本時間23日夕方に到着する見通し。

 エマニュエル氏は下院議員を経て、2009~10年に当時のオバマ大統領の首席補佐官。11~19年にシカゴ市長を2期務めた。バイデン大統領の指名を受け、上院が昨年12月中旬に大使人事を承認していた。

 いずれもテレビ会議方式で開催された今月上旬の日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)や21日の日米首脳会談に同席した。