石井啓一氏

 公明党の石井啓一幹事長は21日の党会合で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」感染急拡大を受け、今冬に実施される看護師などの国家試験でも陽性者らの受験機会を確保するよう政府に要請した。

 文部科学省が大学入試に関し、国公立大2次試験などの個別試験のみで合否判定するといった救済策をまとめたことを念頭に、看護師などの国家資格試験について「年1回しかない。政府で十分検討し、配慮してほしい」と述べた。

 後藤茂之厚生労働相は21日の記者会見で、こうした要請に関し「濃厚接触者の受験機会を確保するなど最大の措置を講じたい」と述べるにとどまった。