5~11歳の子どもに接種する米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが特例承認されたことを巡り、堀内詔子ワクチン接種推進担当相は21日の会見で「安全性を丁寧に説明し、希望者にはできるだけ早く接種を始めたい」と述べた。

 接種は3月以降に始まる見通し。子どもを持つ保護者からは歓迎する声の一方、副反応を心配する声も出ている。堀内氏は「オミクロン株で感染するお子さまもいる中で、接種の選択肢ができることは大きなこと」と強調。その上で「保護者が正しい情報に基づき選択できる環境づくりに励みたい」と話した。