コンサートホールで散髪してもらう人たち=19日、アムステルダム(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】オランダからの報道によると、世界的に有名な同国のコンサートホールや美術館が19日、新型コロナウイルス感染防止対策の規制で営業できないことへの抗議のために、営業が認められているヘアサロンやネイルサロンに一時的に姿を変えた。

 首都アムステルダムの名門コンサートホール「コンセルトヘボウ」では、オーケストラが米国の作曲家アイブズの交響曲第2番をリハーサルとして演奏する中、マスク姿の美容師がステージ上で散髪。ゴッホ美術館でも、美容師やネイルアーティストらが来館者らを“接客”した。