宮内庁は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月23日の天皇誕生日の一般参賀を取りやめると発表した。コロナ禍での中止は3年連続となる。21日付。

 一般参賀は、天皇、皇后両陛下や成年皇族が皇居・宮殿の長和殿のベランダに立ち、集まった国民から祝意を受けられる行事。例年、1月2日と天皇誕生日に行われている。

 今年の新年一般参賀も2年連続で中止となり、代わりの対応として、天皇陛下は宮内庁を通じて国民向けのビデオメッセージを公表した。