全国知事会長の平井伸治鳥取県知事らは20日、新型コロナウイルス感染拡大に関して日本医師会(日医)とオンラインで意見交換し、自宅療養者への健康観察や、ワクチンの3回目接種での協力を求めた。「医師会と都道府県が共同しながら態勢をつくり、実行することが大切だ」と訴えた。

 平井氏は「急上昇する患者数を受け入れる病院を用意するのはなかなか難しい」と指摘。高齢者施設での感染も増えており、重症化させないための健康観察やワクチン接種の加速化が重要だと強調した。

 日医の中川俊男会長は、自宅療養者の健康観察に対応できる医療機関数の増加に取り組んでいると説明した。