NTT東日本と西日本は20日、固定電話の通話料を2024年から全国一律で3分9・35円にするのに伴い、個人や法人向けに提供してきた通話料の割引サービスを廃止すると発表した。県内の通話料が一律になる「イチリッツ」や市外通話が安くなる「スーパーケンタくん」が対象で、契約件数は個人向けが約581万、法人向けは約1万に上る。割引を廃止しても、全国一律料金の導入で、大半の顧客は負担が減ると説明している。

 3分9・35円の通話料は、現在の昼間の市内通話と同じ金額で、長距離の通話は大幅に安くなる。長電話の通話料が割安になる「タイムプラス」などもなくなる。