冨田浩司氏

 【ワシントン共同】冨田浩司駐米大使は18日、中国が軍事圧力を強める台湾情勢を巡り、平和と安定を損なう挑戦に対し「準備ができているかどうか検討することが重要だ」と述べ、不測の事態に対応できる態勢を整える必要があるとの認識を示した。米シンクタンク、ブルッキングズ研究所のオンラインイベントで語った。

 同時に、台湾問題が非常に重要なテーマになっており、日米間で「対話を深めようとしている」と指摘した。

 米国のグリーン駐日臨時代理大使もイベントに参加し、台湾問題の重要性について「価値観や利害を共有する国々が繰り返し表明することは、非常に大切だ」と強調した。