千葉県は19日、同県八街市の養鶏場で高病原性の疑いがある鳥インフルエンザが確認されたと発表した。飼育している肉用鶏計約6万6千羽の殺処分を始めた。同県での鳥インフルエンザの発生は今季2例目。

 県によると、従業員が18日、前日より多い約250羽が死んでいることに気付き、県に連絡。同日の簡易検査で陽性となり、遺伝子検査で19日に疑似患畜と確認された。半径10キロ圏内の農場や飼育施設で、搬出や移動を制限する。養鶏場は窓のない構造で、感染経路は現時点で不明という。

 県の対策本部会議で熊谷俊人知事は「影響が及ばないよう防疫措置に万全を期す必要がある」と述べた。