ぼくの家は、新聞屋だ。お父さんとおじいちゃんが仕事をしている。時々、お母さんも仕事を手伝っている。ふだんのお父さんは、やさしくて、野球の練習もいっしょにしてくれるけど、時々こわい。お父さんが、仕事をどんなふうにしているのかくわしくは知らない。でも、ぼくがねている一時ごろには起きて仕事を始め、暗い中、おじいちゃんは軽トラで、父さんは車で、百けん近く、新聞を配達をしている。お父さんは五時ごろ帰って来て、しばらくしたらぼくを起こしてくれる。いっしょに朝ごはんを食べているとき、お父さんは、