【パリ共同】国連世界観光機関(UNWTO、本部マドリード)は18日、2021年の国際観光客数は暫定推計で前年比4%増の約4億1500万人となったと発表した。新型コロナウイルス流行前の19年に比べて72%減の水準にとどまっており、同年の水準に戻るのは24年以降との見方が大勢との見通しも示した。

 21年はワクチン接種の広がりや入国規制の緩和で、後半に外国旅行の動きがやや回復。ただ地域的なばらつきは大きく、カリブ海地域は前年比63%増、南欧地域は同57%増となったが、多くの国で入国規制が続くアジア太平洋地域は同65%減と一層落ち込んだ。中東地域も同24%減。