日本ハンドボール協会は18日、欧州遠征中の男子日本代表チームから新型コロナウイルス陽性者が確認された問題で、日本から出国した選手16人全員を含む計19人が陽性となったと発表した。日本から出発した陽性者は隔離期間を経て、全員が同日までに帰国した。

 協会によると、昨年12月27日にポーランドで選手1人の発熱者が出たことからPCR検査を実施し、30日に陽性と確認された。その後、遠征中に海外で合流した4人を含め、選手、スタッフ計27人全員を検査した結果、19人の陽性が確認された。