岐阜県がまん延防止等重点措置の適用を国に要請したことを受け、白川郷観光協会(白川村)は18日、世界文化遺産に登録されている冬の風物詩「合掌造り集落のライトアップ」を中止すると発表した。16日に第1回を開催したばかりで、2月20日までにあと5回実施予定だった。

 協会は「屋外とはいえ密になりかねない。苦渋の決断」としている。中止は昨年に続き2度目。ライトアップ観光で集落に入るのは事前予約制。すでに予約していた客には返金する。

 合掌造りのライトアップは1986年から毎年開催。雪化粧したかやぶき屋根が闇夜に浮かび上がり、観光客らに人気を集めている。