13日午後6時すぎ、沖縄県の離島・渡名喜村のヘリポートに米軍のAH1攻撃ヘリコプターが着陸した。県警に対し、操縦士は「機器に異常が出たため、予防着陸した」と説明。県などは状況を調べている。

 県などによると、ヘリは2人乗りで、普天間飛行場(同県宜野湾市)所属。機体の損傷やけが人は確認されていないという。

 渡名喜村は那覇市の北西約50キロの離島。