新型コロナワクチンの3回目接種について記者団の取材に応じる後藤厚労相=13日午後、厚労省

 政府は13日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に関して64歳以下の一般の人は2回目を打った後の間隔を従来の8カ月から7カ月へと1カ月前倒しする方針を発表した。一般の高齢者は原則的に6カ月に短縮される。後藤茂之厚生労働相が13日夜、厚労省で記者団に明らかにした。

 厚労省によると64歳以下では従来の8カ月間隔だった場合に4月に3回目の接種を受ける人から順次、1カ月ずつ前倒しされる。企業や大学での「職場接種」も同様に前倒しする。岸田文雄首相はTBS番組で64歳以下について「できるだけ6カ月に短縮できるよう自治体の協力をいただきながら進めたい」と述べた。