千葉県で13日、新型コロナウイルスに感染した90歳以上の女性1人の死亡と、633人の感染が確認された。県と千葉、船橋、柏の各市が発表した。1日当たりの感染者数が600人を超えるのは昨年9月8日以来。

 県によると、死亡した女性はオミクロン株感染の可能性があり、ゲノム解析している。女性には基礎疾患があった。県内の死者は1029人となった。

 また千葉市は、市内を拠点とするプロバスケットボールチームで、選手やスタッフ計9人の感染が確認されたと発表した。市はクラスター(感染者集団)の発生と認定した。チーム名は明らかにしていない。