全国の企業倒産件数推移

 東京商工リサーチが13日発表した2021年の全国の企業倒産(負債額1千万円以上)は、前年に比べ22・4%減の6030件となり、1964年以来、57年ぶりの低水準だった。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた企業向けの政府の資金繰り支援で、倒産件数が抑制された。ただ融資に対する借入金返済が本格化する22年以降は増加に転じるとの懸念もある。

 倒産件数の減少は2年連続となる。ただ新型コロナの感染拡大を原因とした倒産は前年から倍増の1668件で、政府支援を受けても売り上げの減少を補えずに経営を継続できない企業もある。