男子エアリアルに出場した田原直哉=ディアバレー(AP=共同)
 エアリアルに出場した米国の選手=12日、米ユタ州ディアバレー(AP=共同)

 【ディアバレー(米ユタ州)共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は12日、米ユタ州ディアバレーでエアリアル第6戦が行われ、男子で41歳の田原直哉(ガイアスジャパン)は予選30位で決勝に進めなかった。

 北京冬季五輪前では同種目最後のW杯。日本は男女ともに五輪の出場枠を自力では獲得できず、田原は2大会連続の五輪代表入りが極めて厳しくなった。

 男子は王心迪(中国)が優勝し、女子はローラ・ピール(オーストラリア)が制した。