金沢市の山野之義市長(59)が3月13日投開票の石川県知事選に立候補する意向を固めた。山野氏が13日、市役所で記者団に明らかにした。知事選には自民党の馳浩元文部科学相(60)、山田修路前参院議員(67)が立候補予定で、自民党出身の山野氏の出馬で知事選は異例の保守三つどもえとなる。

 山野氏は昨年11月、地元の経済団体との会合で知事選出馬に意欲を示していた。山野氏の市長辞職時期によって市長選と知事選が同日になる可能性もある。

 山野氏は金沢市議を経て2010年の市長選で初当選し、現在3期目。