立憲民主党の西村智奈美幹事長は12日の記者会見で、インターネット報道番組を制作、配信するメディア「Choose Life Project(CLP)」に対し、党が広告代理店を通じて約1500万円を支払っていたと正式に認めた。政党から特定メディアへの資金提供が問題視された経緯を踏まえ、今後は同様の支出をしない意向も示した。

 西村氏によると、支出は旧立民当時の2020年8月から、旧国民民主党と合流後の同年10月にかけ、4回に分けて行った。フェイクニュースに対抗する新しいメディアを作りたいとのCLPの考え方に福山哲郎前幹事長が共感し、決裁したという。