中日のビシエド内野手

 プロ野球中日は12日、ダヤン・ビシエド内野手が、来日した11日に受けた新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たと発表した。中日選手が新型コロナに陽性反応を示したのは今回が初めて。

 球団によると、オミクロン株に感染し、微熱とのどの痛みがあるという。米国を出国前に受けた検査では陰性で、今後は政府指定の施設にて隔離される。

 キューバ出身のビシエドは右の一塁手で、昨季は主砲として出場130試合で打率2割7分5厘、17本塁打、70打点。