東京都は11日、東京五輪・パラリンピックの大会1周年記念セレモニーを、五輪開催から1年後に当たる7月23日に開くと発表した。これとは別に8月24日にはパラ記念イベント、10月16日にはハーフマラソンを実施する。スポーツの価値を再認識する機会とし、東京の魅力を発信するとしている。

 都によると、7月のセレモニーにはメダリストら五輪・パラ選手が参加する。8月のパライベントは、エキシビションマッチなどを予定。昨夏はコロナ禍で無観客となったため、パラ競技の迫力を体感してもらう狙いがある。

 10月のマラソンは障害者や一般ランナーも含め1万5千人の参加を予定している。