「新型コロナウイルス対策連絡会議」終了後、オンラインで記者会見するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=11日午前

 プロ野球とサッカーのJリーグによる「新型コロナウイルス対策連絡会議」が11日、オンラインで開かれ、プロ野球の斉藤惇コミッショナーは終了後の記者会見で、2月1日に始まる春季キャンプの沖縄県での対応について「2万人以下でお客さんを入れる。観客ありで開催する位置付けにしている」と述べ、ファンの見学を受け入れる方針を改めて示した。

 政府が昨年11月に示した指針では、現在沖縄に適用されている「まん延防止等重点措置」の下でのイベントは、原則として2万人が上限となっている。

 Jリーグでは一部のクラブが、沖縄キャンプの中止や非公開を決めている。