スリランカ最大都市コロンボを視察するラジャパクサ大統領(左)と中国の王毅国務委員兼外相(右)=9日(ロイター=共同)

 【北京共同】スリランカのラジャパクサ大統領は9日、同国を訪問した中国の王毅国務委員兼外相と会談し、対中債務の支払いの条件緩和を求めた。新型コロナで経済が打撃を受けており、借金が返せなくなり中国の支配が強まる「債務のわな」の懸念がさらに強まっている。

 ラジャパクサ氏は「債務の支払い条件が緩和されれば、新型コロナで経済危機に直面したスリランカにとって大きな助けになる」と王氏に訴えた。支払期限の延長を求めたとみられる。スリランカの対中債務は33億8千万ドル(約3900億円)に上る。

 スリランカはコロナや外貨不足のため、食品や必需品の価格高騰が問題化している。