鎮西を破って初優勝を果たし、喜ぶ日本航空の選手たち=東京体育館
 古川学園(奥)を破って優勝を決め、喜ぶ就実の選手たち=東京体育館

 バレーボールの第74回全日本高校選手権最終日は9日、東京体育館で決勝が行われ、男子は日本航空(山梨)が昨夏の全国高校総体王者の鎮西(熊本)を3―2で破り、初優勝を果たした。女子は就実(岡山)が古川学園(宮城)を3―1で下し、2大会連続4度目の頂点に立った。

 日本航空は第1、2セットを落としたが、続く3セットを連取して逆転勝ちした。就実は双子の深沢姉妹のスパイクなどで優位に立ち、1―1から第3、4セットを奪った。

 大会は新型コロナウイルスの影響により、前回に続き無観客で実施された。