北海道上士幌町の糠平湖で、凍結した湖面に湧き出たガスなどの気泡が閉じ込められた「アイスバブル」=9日朝

 北海道上士幌町の糠平湖で、凍結した湖面に湧き出たガスなどの気泡が閉じ込められた「アイスバブル」が出現している。9日朝、太陽が湖を照らすと円盤状の泡がくっきりと浮かび上がり、観光客らは幻想的な情景に見入っていた。

 「ひがし大雪自然館」(同町)によると、アイスバブルを見ることができるのは例年湖面が凍ってから雪が降り積もるまでのわずかの期間だけ。今シーズンは凍結後の降雪が少なく、観察には好条件という。

 友人と写真撮影に訪れた札幌市の会社員中村久士さん(50)は「自然の造形に感動した。早起きしたかいがあった」と満足げに話した。