音戸清盛太鼓保存会の演奏の中、模造紙に大書する岡本さん(中央)

 呉市の本土側と倉橋島を結ぶ音戸大橋が昨年末で開通60周年を迎えたのを記念した書道パフォーマンスと和太鼓の共演が8日、橋のたもとのおんど観光文化会館うずしお(音戸町)であった。