新人合同自主トレで守備練習をするDeNAの小園(手前)ら=神奈川県横須賀市

 DeNAの新人合同練習が8日、神奈川県横須賀市の球団施設で始まり、ドラフト1位の小園健太投手(市和歌山高)らが汗を流した。ランニングやキャッチボール、体幹トレーニングなどをこなし「緊張感もあってしんどかった。キャンプに万全の状態で挑めるよう、コンディションを上げていきたい」と話した。

 最大約60メートルのキャッチボールでは力感のないフォームから伸びのある球を丁寧に投げ込み、大器の片りんを見せた。内野でのノックでは「内野をやったことがないので難しかった」とゴロをはじく場面も多かったが、充実の表情で取り組んだ。