内田順三さん

 2度目のトレード先となった広島で、内田にレギュラー争いの参加権はなかった。移籍が決まった途端に古葉竹識監督から自宅へ電話があり、入団会見の直後には個人面談があった。「直接言葉を掛けてもらい、意気に感じた。そこで言われたのさ。申し訳ないけれど、左の代打の切り札として考えているってね」