伊豆急行(静岡県伊東市)は7日、40代男性運転士が運転中にスマートフォンでゲームをしていたと発表した。列車には約20人の乗客がいた。遅れなどの影響はなかった。この運転士の業務を停止し、処分を検討する。

 同社によると、7日午後2時25分ごろ、伊豆高原発熱海行きの上り普通列車で、運転士がスマホの画面を操作しているのを乗客が見つけ、川奈駅で降車した際に駅員に伝えた。人気のスマホ向けゲーム「モンスターストライク」をやっていたという。

 同社は「信頼を著しく損なう行為でおわびする。厳粛に受け止め、再発防止に取り組む」とのコメントを出した。