新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を終えたとの報告が約75万人となっており、当初12月に接種する計画だった104万人を下回っている。政府は接種したが報告されていない例が一定数あるとみるが、感染「第6波」の到来が警戒される中、専門家からは「最優先課題として少しでも早く接種を」と懸念の声が出ている。

 3回目接種は当初12月に医療従事者104万人に接種するとした計画を策定。同月17日には医療従事者や高齢者施設の入所者らを対象に、接種間隔の2カ月前倒しを発表した。12月に接種できる人は約880万人になった。