武蔵野陵の参拝を終えられた秋篠宮家の次女佳子さま=7日午前、東京都八王子市(代表撮影)
 参拝のため、武蔵野陵に向かわれる秋篠宮家の次女佳子さま=7日午前、東京都八王子市(代表撮影)

 昭和天皇の命日となる7日、秋篠宮家の次女佳子さまが東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、昭和天皇が埋葬されている武蔵野陵を参拝された。

 午前10時20分ごろ、黒いコートにマスク姿の佳子さまは、周辺に雪が残る陵の前にゆっくりと進み、深く頭を下げた。拝礼を終えると、集まった人や報道陣に会釈した。

 宮内庁によると、この日午前、皇居・宮中三殿でも「皇霊殿の儀」が執り行われ、天皇陛下や秋篠宮さまらが拝礼。天皇、皇后両陛下の長女愛子さまも参列した。

 昭和天皇は1989年1月7日に十二指腸乳頭周囲腫瘍(腺がん)のため87歳で亡くなり、在位期間は約62年に及んだ。