AIによる東京都の新規感染者数推計

 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、名古屋工業大の平田晃正教授(医用工学)が人工知能(AI)を使って推計したところ、東京都内の新規感染者数は3月下旬には1日当たり約5千人になる可能性があることが6日、分かった。昨年8月の、流行の第5波のピークと同水準まで感染が広がる恐れがあるという。

 昨年12月段階では3千人程度と推定していたが、オミクロン株の感染の最新状況を反映したところ、さらに増えた。平田教授は「米軍基地関係者や沖縄などの感染拡大が東京にも影響し、数字を押し上げたとみられる」と指摘している。