岡留英貴投手

 阪神は6日、ドラフト5位新人の岡留英貴投手(22)=亜大=が新型コロナウイルスの感染を調べる検査で陽性判定を受けたと発表した。帰省中の沖縄県で4日に発熱し、5日に県内の病院で検査を受けた。既に熱は下がったが、鼻水と軽度のせきの症状があり、県内で自宅隔離中という。

 沖縄尚学高から亜大に進んで力をつけ、プロ入り。サイドスロー気味の独特のフォームから力強い球を投げ込み、即戦力候補と見込まれている。

 阪神では岡留を除くルーキー全員が6日、兵庫県西宮市の球団寮に入った。9日に新人合同自主トレーニングがスタートするが、岡留の入寮と合流日は未定。