東京消防庁の出初め式で披露されたはしご乗り=6日午前、東京都江東区

 新春恒例の東京消防庁の出初め式が6日、東京都江東区の東京臨海広域防災公園で開かれた。観客を入れての開催は2年ぶりで、ドローンを使って上空から火災の状況を把握し、消火活動や要救助者の救出につなげる訓練を実施した。

 清水洋文消防総監は式辞で、昨年12月に大阪・北新地で発生したビル放火殺人事件に触れ「同じような構造の建物に一斉立ち入り検査を実施しており、安全安心を守るため引き続き対策を徹底していく」と述べた。

 東京消防庁によると、消防職員や消防団員ら計約2100人が参加した。